fc2ブログ

2021-05

晩秋の八高線,川越線に鉄分補給に行ってきました・後編

210361.jpg

前編から

 去年11月に行った八高線,川越線の旅,後編をお届けします。出掛けたのは(2020年)11月14日土曜日,午前中は八高線の明覚駅周辺でキハ110系の写真を撮り,12:08高麗川に戻ってきたところから後編・川越線の旅スタートです。高麗川駅は八高線と川越線のジャンクション,また日高市の代表駅ですが意外と小ぢんまりとした駅です。

210362.jpg
川越線の旅スタートの高麗川駅 2020.11.14(以下,全て同じ)

 前編で書いたとおり川越線は2020年に開業80周年を迎え,この時期はクイズラリーが催されていました。クイズラリーは川越線各駅の改札口近くに掲出されたクイズに答えるもので,自然と川越線の各駅を乗り降りできます。ただし,一部の駅は問題が同じなので,端折れば6駅に下車すれば全部の問題に回答することができます。

210363.jpg
高麗川駅のクイズラリーポスター

 さてスタートは高麗川駅ですが,ここでいきなり出鼻をくじかれます。クイズラリーは第1回11月1日~30日,第2回12月1日~25日の期間で,それぞれクリアファイルとボールペンが賞品でしたが,まだ14日だというのに3,000こ用意した賞品が既に引換え完了だそうです。貼り紙には第2回をよろしくと書いてありますが,磯子くんだりからわざわざもう1回出掛ける気にもなれず,残念なことです。賞品のクリアファイルはパンフの写真ではオレンジと黄緑の帯のE231系と埼京線のエメラルドグリーンの帯のE233系の写真で,秀逸な出来だけにもっと早くに来ればよかったです。オークションサイトを覗いてみると,クリアファイル1枚に2,000円弱の値が付いていますが,僕の辞書にはこういう強欲者を儲けさせる選択はありません。

210364.jpg
武蔵高萩駅前風景

 川越線乗ったで降りたでの最初は高麗川12:34の上りの川越ゆきに乗り,笠幡で降ります。笠幡では7分の間にクイズの確認などをしますが,幸い棒駅で仕事は簡単に済みます。笠幡からは下り列車で1駅戻り,武蔵高萩に行きます。ここもさほど大きな駅ではありませんが,第二次大戦中までは近くに航空隊の基地があったため,日光や黒磯のような貴賓室を備えていたそうです。今は小ぢんまりとした橋上駅舎ですが,駅前に残るトイレが昔の栄華をとどめているようです。

210365.jpg
武蔵高萩駅歴史紹介の写真パネル。線内あちこちにこのような手作り感あふれる展示があるのもよい

 家を出るときは川越線の全駅を乗ったで降りたですると意気込んで来たのですが,クイズラリーの賞品がないと分かると面倒になります。的場と西川越はクイズの問題が笠幡と同じなのでパスして,次は川越で降ります。

210366.jpg
武蔵高萩~川越間で乗った1274H(左),川越~南古谷間で乗った1390F(右)

 川越からは3分の接続で列車があるので,クイズの確認を早々に済ませ,13:25の快速新木場ゆきにとび乗ります。この列車はりんかい線の70系使用ですが,ホームの余裕が少なく,まともに写真が撮れませんでした。

210367.jpg
南古谷の駅名標。書体の新旧が面白い

 川越の次はまたも1駅の乗車で,南古谷で降ります。ホームに立つとこのホームと隣りのホームの2つの駅名標が見えますが,その字体の違いが興味をそそります。僕は鉄道誌はジャーナル党ですが,鉄道ジャーナル誌の「されど鉄道文字PLUS」という連載のネタになりそうです。手前のほうは角のしっかりしたコンピュータのフォントのようなゴシック体,向こうのホームのものは隅丸ゴシックの優しい手書きっぽい字体です。

210368.jpg
南古谷の駅舎

 川越より東は20分ヘッドの運転で,先ほどの武蔵高萩,笠幡のように2つ進んで1つ戻るには頻度が高すぎ,大人しく20分待つしかありません。クイズラリーのクイズを確認して,駅前を眺めて過ごすのですが,ここでまた残念です。賞品が引換え完了したので,クイズラリーのポスターを既に処分してしまったそうです。そんな要望は想定外かもしれませんが,賞品はなくてもポスターの写真くらい撮っておこうと頑張ってきたのでガッカリです。

210369.jpg
南古谷で見かけた80周年記念ポスター

 一方,駅舎内にはDD51+客車列車やキハ35が活躍していた頃の写真のポスターがあり,せめてもの慰みです。

210370.jpg
南古谷~日進間で乗った1368F(右)

 南古谷からは13:50の1368Fに乗りますが,指扇と西大宮はクイズの問題が同じなので,日進まで進みます。日進着14:03,まだ陽は高いですが,川越線の乗ったで降りたではここまでとします。また20分待つのも面倒なので,ここからは今日3番目のアクティビティの鉄道博物館に直行することにします。着く時間でいえば大宮に出て,ニューシャトルに乗ったほうが早そうですが,秋のよい日和なのでウォーキングも楽しそうです。

210371.jpg
日進の駅前の様子。最近整備されたようだ

 日進駅から30分くらい歩いて大宮の鉄道博物館に着きます。博物館ではコロナ感染対策で当日券の窓口販売はなく,チケットぴあなどで事前に入館券を準備されたしとの案内です。目の前にコンビニ・ミニストップがあるので,ここで入館券を買います。不便ではありますが,コロナ禍で入館者も少なく,入口ロビーのあたりも混雑はなく,ゆっくり見学できそうではあります。

210372.jpg
鉄道博物館の前に鎮座する167系の先頭部。記念撮影好適地だけど人影は少ない

 さて,鉄道博物館ですが,多分,僕は4回目です。大体,勝手は分かっているし,展示も見ているので,必要なものだけを見学します。今日の目的は,タブレット閉塞器とATS-Pの車載器の写真を撮ることです。それ以外は,実車を中心に,何度でも見たいお気に入りの展示物をさらりと流すつもりです。

210373.jpg
1号機関車とマッチ箱客車

 大宮,京都,名古屋の3大鉄道博物館はどれも見ていますが,ここは館内の車両展示が充実している印象です。鉄道創業時の1号機関車(鉄道記念物)から最新のE5系(ただしこれはモックアップ)まで,たくさんの車両展示があります。

210374.jpg
クモハ455,ED75-700

 僕の趣味になってしまいますが,少年時代に頻繁に旅行に行っていたのが東北地方だったので,仙台の455系,秋田のED75-700などに興味が集まります。

210375.jpg
タブレット閉塞器

 実はタブレット閉塞器の写真を撮りたくて,去年の夏に三重県の家城まで行きましたが,名松線は票券閉塞とスタフ閉塞でタブレット閉塞にはお目にかかれず大空振りでした。こんなに簡単に撮れるなら初めからここに来ればよかったです。箱には大滝温泉と十和田南とあるのでこの2駅の間の駅で使われていたもののようです。この2駅の間では,末広と十二所が交換可能だったようで,後まで交換可能だったのはどちらでしょうか。

210376.jpg
クハ103についていたATS-Pの車載器

 もう1つのATS-Pの車載器もクハ103の運転台で見つけましたが,撮影条件が悪く,これなら朝に八高線のキハ110で撮ったものの方がよい感じです。

210377.jpg
MARS1。国鉄~JRの座席予約発券システム,マルスの初代(?)中央処理装置

 その他,館内をぶらぶら歩けば,MARS(マルス)の初代のコンピュータなどが目に止まります。このブログでもよく扱うようにJRの制度や発券システムはとくに趣味の対象で,システムエンジニアでもある僕としては思わずじっくり眺めます。

210378.jpg
収蔵品庫,パングラフの裏あたりには万世橋の交通博物館で見たような品々もある

 今までこのエリアは行った憶えがないですが,今日は収蔵品庫を覗きます。いろいろな収蔵品が雑多に並んでいますが,棚に納められたもののいくつかは昔,万世橋にあった交通博物館で展示されていたものです。なんでそんなものを憶えているんだろうと思いますが,高校生の頃の記憶は今でも鮮明です。

210379.jpg
ホーロー板の駅名板は川越線のものが並んでいる

 ここも京都も同じですが,展示だけでなく走る列車が見れるのも,鉄道博物館の魅力です。かなり陽が傾いてきましたが,屋上の展望スペースで少しの時間を過ごします。東北本線,高崎線,川越線の列車が頻繁に来て,見ていて飽きないですが,写真を撮るのは難しいです。

210380.jpg
EH500牽引の貨物列車がやってきた 1105

 裏側は新幹線でここも頻繁に列車が来ますが,アンチ新幹線の僕としては,今日も一日よい天気,夕焼け富士の方が写材としては魅力があります。

210381.jpg
博物館の西側風景。新幹線E2系と夕焼け富士。架線の吊り金具からはかなりの望遠と分かります

 なんやかやで2時間半を博物館で過ごし,引上げにかかります。ニューシャトルはもったいないので大宮まで歩き,湘南新宿ラインの列車に乗れば横浜まで1直線です。17:30に大宮を出て,19:00前には自宅最寄りの磯子駅に帰り着きます。

210382.jpg
帰りの列車2つ。湘南新宿ライン2849Y @大宮,根岸線1775C @磯子

 秋たけなわの11月,好天の下,写真撮り,乗り鉄,そして博物館見学とたっぷり鉄道趣味を楽しんだ1日でした。せっかくの川越線80周年のクイズラリーは残念でしたが,また次回,どこかの線区での開催を楽しみに待ちましょう。

210383.jpg
今日の行程表

 鉄道博物館は短時間でポイントを絞っての見学でしたが,それでも十分楽しめました。このブログにはJR西日本の京都鉄道博物館,JR東海のリニア鉄道館の記事はありますが,大宮のJR東日本の鉄道博物館の記事はありません。こんどはゆっくり1日がかりで見学し,見学記を書かなければと思います。一方,大宮の鉄博は展示も幅広く,自分が書くとどうしても偏った内容になりそうで,躊躇もしてしまいます。(2021.4.11記)
スポンサーサイト



晩秋の八高線,川越線に鉄分補給に行ってきました・前編

210341.jpg

 外出が制限されるこの時期に...というのが枕詞になっていて,嫌なご時勢です。ちょっと古新聞ですが,去年の秋の終わりに八高線,川越線界隈に鉄分補給に行ってきました。写真撮り,乗り鉄,クイズラリーイベントに博物館見学と盛りだくさんな1日でした。少々慌ただしいですが,以下にレポートします。

210343.jpg
川越線80周年のパンプレットの表紙

 埼玉県中央部を東西に走る川越線は去年(2020年)の7月22日に開業80周年を迎えました。たまたま記念パンフレットが自宅の近くの磯子駅にも来ていたのですが,ページをめくると秀逸な出来で,川越線に行ってみたくなりました。周年誌なので開業から現在までの歴史に見開き2ページ,沿線案内も見開き2ページ,記念イベントやクイズラリーの案内などで2ページのパランスがよく,沿線のJR社員の手作り感もあって,僕としては評価が高かったです。

210344.jpg
川越線80周年の歴史のページ(拡大はこちら

 クイズラリーで各駅で乗り降りしたとしても,30.6㎞11駅しかないので半日もかかりません。周辺で気になることを探してみると,かなり気が早いですが八高線のキハ110がそろそろ更新,その他にブログ記事の関係で鉄道博物館で写真を撮りたいものがあったな...ということで,これら3つをまとめて消化となりました。

210342.jpg
11月中旬の朝6:00前。今日は良い天気になりそうだ 2020.11.14(以下全て同じ)

 出掛けたのは11月14日土曜日,出発は自宅近くの磯子駅を5:57の根岸線上り526Bです。東神奈川では6:18の横浜線,八王子では7:18の八高線に乗換えます。八高線は高麗川を境に,南は電化され川越線と一体化された運転系統で4両編成の電車,北は非電化のままでキハ110系気動車での運転です。東京近郊区間の140円旅行で気動車に乗れるのはここだけで,ときどき訪れているので大体勝手は分かっています。

210345.jpg
往路の列車一括。根岸線~京浜東北線526B@磯子,横浜線637K@東神奈川,八高線761E(右)と231D(左)@高麗川

 八王子からの761Eは土曜日の朝なので,通学や部活の高校生,ちょっとした用務客に通勤客といった具合で座席定員より少し多いくらいの入りです。北八王子,小宮で列車行違いの後,小宮~拝島間で多摩川を渡ります。あまり人の手の入っていない川のかなたには奥多摩の山々が朝日を浴びていまです。拝島を過ぎると八高線は米軍横田基地の脇をかすめて走り,東福生~箱根ヶ崎では基地の中のようなところを走ります。

210346.jpg
小宮~拝島で多摩川を渡る

 西多摩郡瑞穂町にある箱根ヶ崎まで途中の5駅すべてで上り列車と交換し,ローカル線としては列車が多い印象です。分水嶺を越えた感じはしませんが多摩川水系から荒川水系に入り,台地上の金子は初めて交換なしですぐの発車です。

210347.jpg
茶畑の向こうに富士山がきれい @箱根ヶ崎~金子

 金子からは下り勾配になり,入間川の鉄橋近くからは秩父の山並みがきれいに望めます。一度跨いだ西武線の線路が近づいてきて東飯能に停車,次は川越線と接する高麗川です。列車は川越方面に直通しますが,午前中は八高線で鉄ちゃん(鉄道写真を撮ること)の予定なので,僕は高崎ゆきの気動車に乗換えです。

210348.jpg
入間川の鉄橋近くから @金子~東飯能

 今日の午前中は八高線のキハ110の写真撮りまでは決めていますが,どこで撮るかです。寄居までは東武東上線も走るので更に北,用土とか松久で最初は検討しました。ところが八高線の非電化区間は意外と列車が少なく,小川町以南の方が区間運転の列車があり有利なことが分かりました。あまりお立ち台(列車の写真を撮る名所)などの情報はありませんが,とりあえず明覚駅の近くで見繕うことにしました。

210349.jpg
八高線226D。典型的な晩秋の里山をゆく @明覚~越生

 越生~明覚間はじっくり車窓を見てロケハンします。右手の車窓は刈入れの済んだ田んぼで,障害物もなくなかなかよさそうな印象です。8:37明覚着,ここで3時間ほど滞在し,上下2本ずつの列車を撮ることにします。

210350.jpg
下り列車は少々逆光です。263D @越生~明覚

 ここと思った場所に行くと,何と呼ぶのか知らないのですが,刈りとった稲を束にして干してあり,いかにも秋らしい景色です。また,線路端には1本の柿の木があって,色づいた柿がまた秋の色です。埼玉県の真ん中あたりですが,晩秋の里山の典型のような景色です。そう思っていると,今日は土曜日,兼業農家は土曜日も仕事をするのか田んぼの主が軽トラで現れて,干していた稲穂を荷台に積み始めます。せっかくの借景が...片付け終わる前に最後の上り列車が来ましたが,列車と共に稲の束を片付ける農家のかたも写って,それはそれで田舎らしい写真になりました。

210351.jpg
八高線228D @明覚~越生

 八高線は2両編成主体でいろいろなアングルが楽しめそうですが,最後の1本は欲を張って,遠景(上)と近景(下)で2カット撮ってみました。

210352.jpg
八高線228D @明覚~越生

 僕はゴルフはしませんが,この辺りはゴルフ場銀座で,この近くにも越生,日本カントリー,武蔵の杜カントリーと3つのコースがあります。そのせいかは分かりませんが,線路沿いの道路には「丘の上パン工房」なる,ベーカリーがあって焼きたてのパンを売っています。列車は概ね1時間に片道1本ずつくらいしか来ないので,時間を見つけて早昼食のパンをいただいてゆっくりします。

210353.jpg
丘の上パン工房,周囲の景色と商品

 撮れた写真は上の4枚程度ですが,お昼前,十分満足して明覚駅に引上げます。明覚駅はときがわ町にありますが,その町を僕は知りませんでした。位置的には東武東上線と西武秩父線の間ですが,どちらもときがわ町内はかすってもいません。八高線だけが町内を通る鉄道路線で,駅は明覚だけです。2006年に玉川村と都幾川(ときがわ)村が合併してときがわ町になり,人口は10,500人(2021年2月)だそうです。

210354.jpg
明覚駅前にあるときがわ町の案内板(拡大はこちら

 駅は無人ですが,街の代表駅だけあってとんがり屋根の意匠がおしゃれです。

210356.jpg
明覚の駅前風景

 改札をとおり跨線橋を上ると,高崎側はちょっとした林の中を通り抜けるようになっているので,これから乗る列車を橋の上から1枚撮ります。反対側はとんがり屋根の駅舎の向こうに秩父の山々が望め,こちらもまたよい景色です。

210357.jpg
八高線2266D。緑濃い林のなかを進む @明覚駅

 ところで,今日,用意したきっぷは「休日おでかけパス」です。140円旅行ではこう自由な乗り降りはできないので,やはり途中下車のできるきっぷがあるっていいなと実感します。

210358.jpg
明覚駅での離合。遠くには秩父の山々が見える

 ときがわ町は東京から程近いのにとてものどかな所で気に入りました。今日は後の予定が盛り沢山なので,11:49の列車で高麗川に戻りますが,また訪れたいところです。今日のスレッドは川越線のクイズラリーと鉄道博物館まで3つまとめて1本のつもりで書き始めましたが,八高線でつっかかってしまい,残りは次回にまわします。取材のための外出が制約されるので,ネタは大事に使いたい意図も少しありますが,悪しからずです。(2021.3.28記)

後編につづく

盛徳寺跨線人道橋再び--185系「踊り子」号の写真を撮りに,ほか

210401.jpg

 富士山をバックに185系の「湘南ライナー」の写真を撮りに年末に辻堂に行ったことは既に書きました。未だ撮り足りない気がしていたので,1月の週末,戸塚駅の近くに写真を撮りに行ってきました。行った場所は盛徳寺跨線人道橋,6年前に記事を載せましたが,それなりに有名なお立ち台です。今日はその時の成果と多少のおまけをご報告します。この日のこの場所にいた同好の士は3~4人,そこそこ落ち着いて写真撮りができました。ここはお昼過ぎからが順光ですが,湘南ゼミナールの看板が邪魔だと思うのは僕だけでしょうか。

210402.jpg
「踊り子9号」 @戸塚~大船 2021.1.30

 (2021年)1月30日土曜日,朝起きてカーテンを開けるとバッチリ富士山が見えます。今日は鉄ちゃん日和だとばかり,急遽,置換え間近の185系「踊り子」号の写真を撮りに行こうと思い立ちます。自宅を10:00過ぎに出発,戸塚駅には10:40過ぎに着きます。戸塚から線路沿いに10分ぐらい大船方向に下ると盛徳寺跨線人道橋に着きます。最初にやってきた列車は東京駅を10:30に出た「踊り子9号」です。この列車は185系7+5両の12両編成,まだ若干時間が早く,側面まで陽があたっていません。

210403.jpg
桃太郎牽引の貨物列車。1068レ @大船~戸塚 2021.1.30

 次に来たのは桃太郎牽引のフレートライナーです。逆光ではありますが上りの「踊り子2号」を撮ろうと構えていたら,たまたまやってきた貨物列車,ありがたい拾いものをしました。

210404.jpg
EF210の貨物,もう1本はトヨタロングパスエクスプレス @大船~戸塚 2021.1.30

 貨物の時刻なので詳細は分かりませんが,この日は東海道線の上り列車が多少遅れていたようで,1068レの行った後,5分もしないうちにもう1本貨物列車がやってきました。水色の揃いのコンテナがきれいなトヨタロングパスエクスプレスです。

210405.jpg
ようやく来ました「踊り子2号」 @大船~戸塚 2021.1.30

 2本の貨物を追うようにようやく「踊り子2号」がやってきました。どうやら7分くらいの遅れのようですが,おかげで貨物2本が撮れたので遅れに感謝です。土曜日の朝1番の上り列車とあって,身軽な7両編成です。

210406.jpg
「サフィール踊り子1号」 @戸塚~大船 2021.1.30

 次の写材は「サフィール踊り子1号」です。E261系は2020年3月登場の全車グリーン車のリゾート用電車で,自分にはあまり縁がないのですが,せっかくの機会なのでしっかり写真に収めます。この写真のときは思い切り引っ張って湘ゼミの看板を排除してみました。

210407.jpg
5075レは大かぶり @戸塚~大船 2021.1.30

 次に来たのは貨物の5075レです。今日は「踊り子」号狙いなのであまり気にしませんが,貨物列車狙いだったらがっかりの1枚です。

210408.jpg
「踊り子11号」は携帯で動画(こちら)を撮ってみました @戸塚~大船 2021.1.30

 この後は185系の「踊り子」号が続くので,1本は携帯で動画を撮ってみます。この11号は運転日の少ない臨時で,短い7両編成での運転です。185系が引退となるとMT54モーターの音を聞く機会はいよいよ減り,JR西日本やしなの鉄道の115系くらいです。その次がド本命の「踊り子13号」で堂々の15両編成,今日のとびらの写真です。

210409.jpg
西濃運輸のカンガルーエクスプレス @戸塚~大船 2021.1.30

 今日の予定は大体完了と落ち着いていたらEF66の牽く西濃カンガルーエクスプレスがやってきました。EF66はEF210よりも出力が大きく好きな機関車ですが,JR貨物になってからの増備車の100番台はサメなどと呼ばれ,どうも間の抜けた顔立ちです。

210410.jpg
今日の最後は横須賀線のE217系 @戸塚~大船 2021.1.30

 横須賀線~総武快速線にはE235系の投入が始まり,E217系にも廃車が出始めました。最後になると葬式鉄という人達が繰り出してきて大騒ぎになるので,そうなる前に数枚の写真を撮っておきます。

210411.jpg
今日もベストのポジション近くにはライン引きの作業車が 2021.2.28

 上の写真を撮ってからほぼ1か月後の2月28日(日),この日も絶好の鉄ちゃん日和だったので,懲りずに185系の写真撮りに出掛けてきました。こうなると僕も完全に葬式鉄です。1月30日の経験から盛徳寺はあまり早く行っても側面に陽があたらないと分かったので,昼前は辻堂に行き「踊り子2号」1本を富士山バックで撮ることにします。前回,年末に辻堂に行ったときは沿線火災に巻込まれ,ベストと思わる場所で写真を撮ることができませんでした。今日,その場所に行くと,今度は道路のライン引きの作業車が止まっていて,よくよくこのポイントには縁がないようです。

210412.jpg
「踊り子2号」 @茅ヶ崎~辻堂 2021.2.28

 この時間だと陽が側面に回り込んで,お顔にはわずかにしか当たっていませんが,まずまずの出来で満足です。

210413.jpg
EF210+フレートライナー1068レ @茅ヶ崎~辻堂 2021.2.28

 この日は「踊り子」号の他に貨物1本を撮ることができました。もう少し粘れば貨物があと2本来るのですが,今日は盛徳寺へハシゴする予定なので泣く泣く辻堂を引き上げます。

210414.jpg
辻堂駅の入口で。架線柱がちょっと邪魔です 2021.2.28

 ところで東海道線と富士山のコンビネーションならあまり歩き回ることもなく,辻堂駅西口を出たところでも写真は撮れます。僕はあまり俯瞰は好まないのですが,この程度なら世話要らずです。写真を撮ったその列車に乗って,戸塚を目指します。

210415.jpg
堂々の15両フル編成の「踊り子13号」 @戸塚~大船 2021.2.28

 ダイヤ改正まであと2週間,盛徳寺のポイントは30人位の先客がいてごった返しています。ところが,なんとなく雰囲気が重く,期待を込めて列車を待つ風でありません。近くの人に声をかけると,しばらく前に警察官が来て通行の妨げにならぬよう,指導があったそうです。道理で歩道橋に陣取る人や三脚を立てる人がいません。歩道橋の袂のちょっと広くなった所で手持無沙汰に待機していて,列車の来る2,3分前になると蜘蛛の子を散らす如く思い思いのポジションに散って,カメラは手持ちで撮るというあまり見ないお立ち台風景です。

210416.jpg
ついでに撮ったE257系の「踊り子15号」 @戸塚~大船 2021.2.28

 3月13日のダイヤ改正からはふつうの「踊り子号」は全てE257系になりましたが,自分としてはE257系は辰野で仕事をしていた1年間,毎週お世話になった電車です。天下の東海道本線の特急が他線区からのセコハンでよいのか...というのが僕の新「踊り子」号感です。183系が老朽・陳腐化していたので早々に置き換えたかったのでしょうが,そもそもなんで中央本線に振り子なしのE257系なんか入れたのかと思います。こうしてみると特急用車両と言えども儲からない列車にはお金をかけない,JR東日本も厳しい経営をするものです。

210417.jpg
戸塚駅北側で撮った「踊り子17号」 @東戸塚~戸塚 2021.2.28

 ここは混雑が激しいうえに雰囲気も重く気づまりなので,今日はこの辺で引上げることにします。戸塚まで歩いてきたら,次の17号がもうすぐ来そうなので,バスターミナル脇で場所を見繕って撮ってみます。光線の加減だけはバッチリの写真が撮れました。

210418.jpg
おまけ1:185系使用のライナー列車「おはようライナー新宿22号」 @大船 2021.3.4

 このほか3月4日(木)も在宅勤務の始業前に辻堂に行ってみました。この頃は朝6時ではまだ暗く,富士山が見えるのかよく分かりません。ままよと家を出てはみたもののあいにくの曇り空,2本だけを大船駅で駅撮りしました。

210419.jpg
おまけ2:富士山バックの貨物列車 @茅ヶ崎~辻堂 2021.3.14

 ダイヤ改正翌日の3月14日(日)は良い天気で,うちから富士山がバッチリ見えます。せっかくのお天気なのでこの日も辻堂に出掛けますが,密を避ける意味もあって足はプリ子(うちのプリウス)です。コロナ禍で人出も少なかろうと,春先の行楽日和の湘南を甘く見ていました。11時前後に幾本かある上りの貨物を狙って出かけましたが,道路が混んでいて大遅刻,撮れたのはこの1本だけでした。往復3時間がかりで収穫はこれだけ,やっぱり週末の湘南はクルマで行くものではありません。(2021.4.17記)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

総合目次 (1)
旅行 (1)
|-鉄道旅行一般 (31)
|-青春18きっぷ (33)
|-140円旅行 (21)
|-家族旅行 (19)
のりものイベント (12)
鉄道のイロハ (5)
知って楽しいJRの旅客営業制度 (13)
運賃料金制度 (15)
鉄道写真 (21)
鉄道/運転 (10)
車両形式別記事など (2)
20世紀の鉄道写真 (26)
1990年代の欧州鉄道旅行 (6)
バス (9)
エアライン (6)
船舶海洋 (4)
HOゲージ (5)
Nゲージ (7)
Bトレ目次 (1)
Bトレインショーティー (31)
Bトレインショーティーの組立て方 (4)
その他のりもの (19)
Weblog (6)
東海道徒歩き(かちあるき) (15)
サイトポリシー (1)
English article (1)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

リンク

主宰者からのお願い:
鉄道.comのランキングに参加しています。よろしかったら,下のバナーのクリックをお願いいたします。

tetsudoucom.jpg

QRコード

QR