FC2ブログ

2021-05

夏至近くに決定版・東京近郊区間140円旅行・後編

200751.jpg

前編から

 都道府県またがりの外出が解禁になった土曜日の(2020年)6月20日,東京近郊区間大回りの140円旅行をしてきました。タイトルに決定版と書きましたが,非電化の八高線,東京近郊区間外周の両毛線,水戸線を通って,房総半島をめぐる約700㎞の大旅行です。今日はその後編,千葉県に入った我孫子から房総半島を1周して横浜に帰るまでをお届けします。この行程は帰りの総武線で市川の先,江戸川を渡るまで全部千葉県で,関東地方1都6県を考えると少々バランスが悪いです。

200752.jpg
8.成田線853M 我孫子(13:16)~成田(13:58) 32.9km 累計 392.6km

 我孫子駅で名物のから揚げそばで腹ごしらえをした後,最初に乗るのは成田線の成田ゆきです。この列車は上野始発の快速で,10両編成がローカルな単線区間に乗入れます。土曜日の昼下がり,車内はガラガラ,ちょっとお出掛けの家族連れが数組いる程度で,穏やかな時間が流れています。線路の右には手賀沼が広がるはずですが,家並みが途切れず,湖面を見ることはできません。湖北から安食あたりは利根川に沿って東へ走り,堤防が見え隠れします。安食の先では印旛沼の近くを通りますが,注意して見ないとそれと気づかない程度です。

200753.jpg
安食~下総松崎では印旛沼がかすかに見える

 木立ちが深くなって藪の中を進むうちに成田スカイアクセス線と交差します。スカイアクセス線の成田湯川駅も程近くに見えるのですが,こちらの線路に駅はありません。その先,左に右に小さなカーブが続き,終点成田に着きます。

200754.jpg
9.成田線4340F 成田(14:15)~佐倉(14:28) 13.1km 累計 405.7km

 成田では17分の接続で,14:15発の快速東京ゆきに乗換えます。この列車は成田~佐倉の2駅13分のチョイ乗りですが,大事な用事があります。我孫子の弥生軒の売店が空振りだったので,グリーン車のアテンダントからビールを買うのです。3号車から乗ってさっそく4号車の控室に赴くと,残念ながら今はCOVID-19対策でアルコールの販売は休止中だそうです。

200755.jpg
10.総武本線1357M 佐倉(14:33)~成東(14:59) 21.6km 累計 427.3km(エンド交換後に撮影)

 佐倉では5分の接続で14:33発の総武本線の成東ゆきに乗換えます。この電車は幕張の209系6両編成ですが,この先6本ずっと同じような電車が続きます。幕張の209系は元の京浜東北線ですが,4両または6両に短編成化の際に両端のクハをボックスシートにしたほか,2号車のモハ208にはトイレも設置されました。セコハンではありますが,乗り鉄としては好ましい装備で,以来,房総への140円旅行が楽しくなりました。

200756.jpg
総武本線も佐倉以東では田んぼが増え里山の景色

 26分の乗車で成東着。ここでは15:37の東金線まで38分の時間があります。成東は山武市の中心駅ですが,駅裏は田畑というか休耕地というか緑の野原が広がっています。時間に余裕があるので,昨日ネットで注文を入れた茂原のピザーラに確認と時間遵守懇請の電話を入れます。開け放たれた駅舎の窓の向こうにはNEWDAYSも見えますが,途中下車ができない身なのでビールはお預けです。電車を待つ高校生のお嬢さんに手間賃出すからと言ったら,買って来てくれるでしょうか。

200757.jpg
成東駅風景。「NEWDAYSあります」と

200758.jpg
11.東金線650M 成東(15:37)~大網(16:09) 13.8km 累計 441.1㎞

 東金線は駅舎横の0番ホームからの出発です。駅を出ると右にカーブし,九十九里の海岸に沿って走りますが,海岸までは10㎞位あるので海は見えません。東金では上り列車と交換,6分止まります。大網の旧駅跡の保線基地を過ぎて右に築堤上に上れば終点,大網です。

200759.jpg
東金線から九十九里海岸方向を見る @福俵~大網

 大網では12分の接続で16:09の茂原ゆきに乗換えです。12分は乗換えは乗換え時間としてはほどほどですが,この間に大網駅の内外を見分して回ります。東金線と外房線のホームに挟まれた駅前広場には小湊鐡道のバスが2台止まっています。よく見ると左の1台は富士重工製の2段窓,幕の方向幕と相当な年代物です。

200760.jpg
大網駅で。左の富士重工車は相当な年代物

 大網からは外房線を房総半島の先端に向かって下りますが,列車は茂原ゆきです。この列車は通学時間帯のためか209系4+4両の8両編成です。

200761.jpg
12.外房線265M 大網(15:57)~茂原(16:22) 11.4km 累計 452.4km

 16:22,時刻表どおり茂原着,ここでは大事なひと仕事です。茂原のピザーラに頼んだデリピザを受取るのです。念のため,時間指定は16:25ですが,配達の担当のピザーラくんはぴったり時間どおりにやってきました。改札の中と外を分ける柵はこういう荷物の受渡しを避けるためか二重のタイプでちょっと焦ります。ピザーラくんは全然臆することもなく,大丈夫,届きますよと応じてくれます。代金を払って,アツアツのピザを受取り,茂原でのミッション完了です。そういえば,confirmの電話のときに聞いたのですが,ピザーラではアルコールの取扱いはないそうで,今夜の晩酌は絶望的です。

200762.jpg
13.外房線267M 茂原(16:38)~安房鴨川(18:04) 59.0km 累計 511.5km @大原

 茂原からも209系の外房の旅は続きます。前々回の去年(2019年)の正月の140円旅行のときは1時間早い列車に乗り,この辺で夕暮れを迎えています。今日は陽が長いので,まだまだ景色が楽しめます。ただ,朝の快晴よりはずいぶん雲が出てきて,陽射しはなくなってしまいました。

200763.jpg
大原では「わかしお18号」と交換。E257系モノクラス5両の身軽な編成

大原では10分止まり,上りの特急と交換です。大原には木原線改めのいすみ鉄道が乗入れ,駅の売店が充実していた記憶ですが,ここでも途中下車はできずビールは買えません。仕方なく,缶コーヒーを買って,夕食のピザの共にします。大原を出ると海岸線が近づき,御宿からは海も見えるようになります。

200764.jpg
外房の海はなぜかいつもここの景色です @勝浦~鵜原

 空模様はあいにくですが,外房の海をばっちり眺め140円旅行は続きます。かぶりついて前を見たり,右手に広がる海を見たり忙しくするうち,列車は18:04,安房鴨川に着きます。

200765.jpg
陽があればまだまだ明るいはずだが...間もなく安房鴨川に着く

 安房鴨川では2分の接続で,内房線の館山ゆきに乗換えます。ホームを渡るだけなので2分でも余裕の乗換えです。列車は209系4両編成ですが,E131系の投入もアナウンスされたので,この次来るときは2両編成かもしれません。

200766.jpg
14.内房線3136M 安房鴨川(18:06)~館山(18:49) 33.5km 累計 545.0㎞ @南三原

 南三原を過ぎると線路は少し海から離れ,千倉からは峠越えになります。この間に,まだ多少は温かいうちにピザを半分ばかり食べてしまいます。

200767.jpg
15.内房線1122M 館山(18:51)~千葉(20:34) 89.7km 累計 634.7km

 館山でもまたまた2分の接続で,内房線の千葉ゆきに乗換えます。雲はいよいよ厚くなりますが,海岸線近くは晴れてかすかに夕焼けが見えています。館山から先,海は東京湾ですが,遠くに見える島影は伊豆の大島です。記事の最後につけた地図を見ると分かりますが,ここから大島は50kmもありません。

200768.jpg
夕焼けに大島の島影が浮かぶ。写真ではよく分かりません。夕食は温かいピザ

 内房海岸を陽のあるうちに乗るのを目標に今日の行程は組立てましたが,ぎりぎりの情勢になってきました。久里浜へのフェリーの出る浜金谷を過ぎ,竹岡~上総湊では浦賀水道がよく見えます。対岸の横須賀火力発電所などの灯りがよく見えますが,写真はISO12800の感度をもってしてもブレブレです。

200769.jpg
浦賀水道の対面に三浦半島の街の灯りが見える
(参考:天気がよければ後ろに富士山も見える 2017.12.29)

 夕暮れの内房を楽しめばあとは家に帰るだけの消化試合です。ピザの残りをいただき,小遣い帳をつけたり,メモを書いたりで時間を過ごします。館山ではガラガラだった列車も千葉が近づくと混んできて,五井あたりからは立っているお客さんも現れます。

200770.jpg
16.総武線1902F~1903S 千葉(20:42)~品川(21:33) 46.0㎞ 680.7km

 列車は時刻表どおり20:42に千葉に着きますが,千葉駅では大忙しです。トイレに行って,ビールを買って,家に土産のピーナツ最中を買ってを8分でこなさなければなりません。千葉駅は長いこと工事をしていましたが,2年位前に新装なって駅ナカが充実しています。時間も少々遅いし,夕食も済んでいますが,ようやくビールにありつくことができます。

200771.jpg
17.京浜東北線2033B 品川(21:41)~東神奈川(22:05) 20.2km 累計 700.3km

 千葉からの1903Sは横須賀線に乗入れるのでそのまま乗っていれば横浜まで行くことができますが,今日のきっぷは東神奈川ゆきです。面倒ではありますが,列車を品川で捨て,京浜東北線で東海道を下ります。横須賀線でそのまま行った場合,東神奈川駅は通りますがホームはなく,否応なしに横浜駅まで連れていかれてしまいます。一般には特定の分岐区間の区間外乗車(旅客営業取扱基準規程149条)というルールがあって,横浜から東神奈川に戻ることはOKですが,今日の行程では既に1度,横浜~東神奈川を乗っているのでNGです。一方,今日の行程で横須賀線で横浜で降りてしまえば,磯子~横浜間の170円でOKという説もあります。以前にそのきっぷでの140円旅行の経験もありますが,気持ちが悪いし,今日は「決定版」ということもあり安全サイドで行動します。

200772.jpg
おまけ.根岸線2021A 東神奈川(22:15)~磯子(22:32) 11.3km @磯子,引上げの準備中 

 今日1日,乗った列車は全て時間どおり走って,22:05予定どおり東神奈川着です。日本の鉄道の運行は正確ですが,こういう日もまた珍しいです。確かに外出自粛解禁直後の週末で,混乱要因が少ないことはありますが,JR東日本の関係者も立派です。東神奈川ではきっぷに無効印をもらい,帰りのきっぷで改札を入り直して,帰途に就きます。

200773.jpg
今日のGPS log(拡大はこちら

 22:15の磯子ゆき列車に乗れば22:32,自宅最寄りの磯子駅に着いて,本日の旅程完了です。乗って来た電車も今日の仕事を終え,ねぐらの磯子電留線に引上げてゆきます。今日の列車が全て定時運行だったことは上に書いたとおりですが,その他も何の混乱もなく旅行でき,今日の無事に感謝です。「決定版」として,陽のあるうちに八高線をはじめとする東京近郊区間の外周路線に乗ること,外房,内房の海の景色を楽しむこともまずまず達せられました。内房の海の天気がちょっと残念でしたが,時刻表を繰っていたら総武本線で「しおさい」を使うことで,1本前の内房線に乗れることが分かりました。次回はこの行程を楽しみにしつつ,筆をおきます。(2020.7.7記)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurikomasha.blog.fc2.com/tb.php/260-4d677440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

総合目次 (1)
旅行 (1)
|-鉄道旅行一般 (25)
|-青春18きっぷ (29)
|-140円旅行 (16)
|-家族旅行 (18)
のりものイベント (11)
鉄道のイロハ (4)
知って楽しいJRの旅客営業制度 (13)
運賃料金制度 (15)
鉄道写真 (18)
鉄道/運転 (9)
車両形式別記事など (2)
20世紀の鉄道写真 (19)
バス (6)
エアライン (2)
船舶海洋 (3)
HOゲージ (4)
Nゲージ (7)
Bトレ目次 (1)
Bトレインショーティー (31)
Bトレインショーティーの組立て方 (4)
その他のりもの (17)
Weblog (4)
東海道徒歩き(かちあるき) (14)
サイトポリシー (1)
English article (1)
未分類 (0)
1990年代の欧州鉄道旅行 (0)

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

リンク

主宰者からのお願い:
鉄道.comのランキングに参加しています。よろしかったら,下のバナーのクリックをお願いいたします。

tetsudoucom.jpg

QRコード

QR