FC2ブログ

2021-05

2020年夏のアクティビティ3--青春18きっぷで福島へ小撮影行・後編

201071.jpg

前編から

 巣ごもりで大きな旅行のできない今年(2020年)の夏ですが,8月には用心を重ねて福島に撮影行に行ってきました。今日はその後編,2日目のアクティビティと復路をお届けします。

201072.jpg
福島駅前には作曲家,古関裕而のモニュメントが 2020.8.21(以下全て同じ)

 1日目は磐越西線の磐梯山の麓で写真を撮りましたが,2日目は福島の周辺で活動します。東北本線の金谷川~松川間は43.10のダイヤ改正を機に線路が改良された区間で,上り線は単線の高架で小高い丘の間の田んぼを一跨ぎしています。昔から有名な撮影地で,一度行ってみたいと思っていましたが,僕は今回が初めてです。ここで写真を撮ってから,少し遠回りをして青春18きっぷでの「乗り鉄」を楽しんで帰宅するのが今日の行程です。

201073.jpg
この日も朝は早い。5:45の始発1120Mで福島を出発

 5:00過ぎ,目覚ましで起きてホテルを出発します。ホテルは朝食サービスの東横インですが,この時間では準備ができていません。福島の駅前に着くと中合デパートの建物が駅前の一等地にありますが,店じまいセールも終わったところで,時代の流れを感じます。信号を渡り駅前広場に出れば,今,放映中のNHK朝の連続ドラマ「エール」の主人公の古関裕而が福島の生まれだそうでピアノを弾く姿のモニュメントがあります。

201074.jpg
撮影地に着くとすぐに旅客列車が。2126M

 ホームに入れば始発の矢吹ゆき1120Mは玄関ホームからの発車です。目覚ましの缶コーヒーを飲んでいるうち10分で金谷川に着きます。もたもたしていると列車が来てしまうので,早々に撮影地のほうへ歩きます。事前に地図を印刷してきましたが,ここは分かり易い1本道です。先ずは高架を見上げる県道から何枚かを撮ります。

201075.jpg
朝日を受けてEH500牽引の貨物がやってきた。8068レ

 ここに着いて15分後くらいに最初の貨物列車が来ます。ここは直線ですが金谷川の駅の出口がカーブで速度制限があり,思ったよりゆっくり走ってくるので写真は撮り易いです。連写モードではメモリーが無駄なくらいバシャバシャ撮れます。

201076.jpg
こちらは少し引いて山を大きくしてみます。94レ(デジタル編集あり)

 20数両繋いだ貨物列車は長く,後ろのほうは高架の向こうに隠れてしまいます。どうせ隠れてしまうならと,引っ張って後ろの山を大きく入れたのが94レの写真です。この山は吾妻連峰で,冬場は雪をいただきとてもきれいです。また,吾妻連峰はもっと西の印象で,ここの線路は思ったより東西に寝た方向に走っています。

201077.jpg
朝の通勤時間帯で電車も多い。2128M

 7:00を過ぎ,電車も増えてきます。少し場所を変えて高い位置に登ってみます。この撮影地は線路横,あるいはもう少し高い位置からが有名ですが,登り方が分からないので,とりあえず下で小1時間撮りました。上への登り口は探すまでもなく,保線用通路のような形で接道しています。

201078.jpg
この電車は線路とほぼ同じ高さで。1122M

 軽トラ1台が通れるくらいの通路を登ってゆくと小広くなっていて,10人位はゆうに入れそうな広さがあります。今日は僕1人ですが,北斗星の末期や臨時列車が走る時は大混雑になるのでしょう。

201079.jpg
こちらは少し登って高い位置から。3064レ

 ところでこの場所ですが今の時間はほぼ正面からの陽射しです。本来ならもう少し遅いほうがよいのですが,狙いは貨物列車なので,貨物の多い時間を選んだらこの時間になったのです。

201080.jpg
570Mは仙台からの701系

 徐々に陽が南に回ってきて,3074レの時間にはぎりぎり側面にも陽があたるようになります。この列車は今日のとびらの写真ですが,コンテナの色が揃っていて編成もきれいです。3074レに続き,5分も間をおかず3086レがやってきます。この列車の後は昼前まで貨物列車がありません。

201081.jpg
8:00ちょうど頃,朝の貨物の最後の3086レ

 最後にもう1本電車を撮って,ここでの鉄ちゃんは終了とします。

201082.jpg
これで今朝のアクティビティは完了。2132M

 滞在時間2時間半くらいで,貨物列車5本を撮ることができました。天気もよく大満足です。難を言えば少し霞がかかって,吾妻連峰がはっきり見えていないことですが,空気が澄んで雪がきれいな時期に再訪したいと思います。

201083.jpg
金谷川駅

 駅に戻ればここは福島大学のキャンパスも近く学生が多い町です。この時間は無人ですが,駅員の配置もあるようです。

201084.jpg
金谷川駅で。3089レ?

 金谷川から福島に戻りますが時間は未だ9:30です。もともとは11:00前に戻る予定だったので,1時間半くらい時間ができました。さて何をするかです。以前から福島の先の桑折あたりの新幹線と在来線が並んでいる景色が気になっていたので,この辺で乗ったで降りたですることにします。福島9:53の1183M白石ゆきに乗れば10:06に桑折に着きます。

201085.jpg
桑折駅4景。駅舎,レンガ積み燃油庫,駅裏は新幹線が走る,ホームに残る安全塔

 桑折は思っていたとおり新幹線がすぐ裏を通り,掛川並に乗換えは便利そうですが,この駅が新幹線駅になる目はないでしょう。新幹線の写真を撮るつもりでここまで来ましたが,なかなか写真になるところはありません。そもそもこの辺りでは「はやぶさ」はトップスピードの320km/hで走っていると思われ,速くてまともに写真が撮れません。また,桑折駅の近くには旧・伊達郡郡役所などの史跡もありタウンウォーキングも楽しそうですが,既に30度を超えているようなので駅近くにとどめます。近くの果物畑では桃が色づいていますが,ここの桃は品質が良く皇室献上の品だそうです。

201086.jpg
藤田の駅近くの踏切で

 次には桑折発10:52の快速でまた1駅下り,藤田に行きます。ここは駅舎を建て替えたばかりのようで,クーラーの効いた駅舎が嬉しいです。ここでも新幹線の写真を撮ろうと付近を歩きますが,ここというポイントはありません。代わりに在来線の踏切でなんとか写真が撮れそうなので,貨物列車を2本撮ります。

201070.jpg
スタンプの成果。桑折駅,藤田駅

 そのほか桑折,藤田とも駅舎をデザインしたスタンプがあり,スタンプ2つもこのちょい旅の成果です。

201087.jpg
金谷川~福島~桑折~藤田~福島の4列車まとめて
1129M@金谷川,1183M@福島,3573M@桑折,3582M@藤田

 藤田を11:46の快速に乗り,12時過ぎに福島に戻ります。何回か前の記事で列車の併合の写真を撮りたくて拝島に行ったことを書きましたが,東北新幹線の福島と盛岡では1日に何回も行われています。これを思い出し,「つばさ・やまびこ」の併合シーンを撮りに新幹線ホームに急ぎます。入場券を買ってホームに上がればちょうど「やまびこ・つばさ138号」の時間で,先着の「やまびこ」が入ってくるところです。続いて昆虫の口のようなカバーを開いた「つばさ」が入ってきて,手旗による誘導もなく3回止まって,併合完了です。

201088.jpg
「やまびこ・つばさ」の併合シーン @福島

 福島では軽くそばの昼ご飯のつもりですが,新幹線改札内の駅そば屋が空いているで,ここできつねそばをいただきます。食後はあとで乗る原ノ町ゆきのバス乗り場の位置を確認します。この乗り場は福島駅新幹線側の西口高速バス乗り場の一番はずれ,最も不便な所でした。その道々の福島駅裏には放射線の線量計がありで0.128μSv/hを示しています。それがどのくらい深刻な値なのか分かりませんが,改めて原発事故の影響を想起するとともに,早くそんなことを気にしないでもよい日常が戻ることを祈念します。

201089.jpg
駅裏「コラッセひろば」の放射線線量計

 駅に戻って,次は12:51の奥羽本線の鈍行で峠を目指します。奥羽本線の福島~米沢は最急勾配38パーミル,スイッチバックが4駅連続,機関車も4110,E10,EF16,EF64,EF71と専用かそれに近い形式で運転された鉄道の難所です。山形新幹線開業前は独身貴族だったこともあり,ED78,EF71の写真を撮りに通いました。できれば米沢まで行きたいところですが,時間の関係もあり今日は峠までです。

201090.jpg
奥羽本線441M @福島

 福島を出た列車は左にカーブし西に進路をとります。右側には交流機関車各形式が憩う福島機関区がありましたが,今は整地され,そのうち宅地にでもなるのでしょう。笹木「野」,庭「坂」とこれから郊外の峠道に向かうことを思い起こさせる駅に止まります。以前は719系2ユニット連結の4両編成もあったと思いますが,最近のダイヤでは2両編成しかないのか各駅のホームは鉄の柵で短く仕切られています。

201091.jpg
庭坂~赤岩間で福島盆地・信夫山方面を望む

 庭坂を出た列車は築堤を大きく右にカーブして,松川の谷の出口にとりつき,以降は松川に沿って登ってゆきます。赤岩は駅としてはあるものの全列車通過で,次は板谷です。板谷はスイッチバック時代のスノーシェッドの中の棒駅,次の峠も同じような棒駅ですが,峠の力餅屋さんの立ち売りがあるところが違いです。次の大沢まで行くと上り列車とすれ違ってしまうので,今日は峠で折返す行程です。

201092.jpg
峠駅の案内板と上りの434M(ブレブレですみません)

 峠駅の近くには秘湯の温泉が2軒あり,最近の温泉ブームもあってか大きな案内板も建っています。また,力餅屋さんは代がわりかアルバイトか若いお兄さんに変わっていますが,今でも立売りが健在で嬉しいです。峠駅の滞在時間は6分で,駅周辺の移り変わりを確かめ,力餅を買って慌ただしく引上げます。そうこうするうち踏切の警報が鳴りだし,慌てて撮ったら列車の写真はブレブレでした。

201093.jpg
峠の力餅

 峠の力餅は,高校生の頃に僕が初めて買ったときは350円だったと記憶しますが,今日は1,000円になっていました。消費税の転嫁や,短い停車時間での販売などキリがよいほうがよいのは確かですが,随分高くなりました。中味も箱も厚みが増したような気がするのと,意匠も箱に印刷から掛け紙に戻ったのは好感です。

201094.jpg
福島~南相馬都市間バス。東北アクセス便とその車内

 さっき登ってきた線路を戻り,13:54,幸い時刻表どおりの福島着です。次に乗るのは14:00の原ノ町方面のバスで,乗り場は先ほど確認した一番不便なところ,せっせと歩いて何とか間に合わせます。このバス路線についてもう少し正確に書くと,運行事業者は南相馬市に本社を置く東北アクセス,飯舘村の道の駅「いいたてむら までい館」,原ノ町駅を通って南相馬市内の福島ロボットテストフィールド前への約65kmの路線です。西口高速バス乗り場から発車し,バスも高速タイプですが高速道路は走らず,ただの都市間バスです。昔,JRバスに福浪線(福島~浪江)というのがあり,UFOの里という停留所がありました(JRバス川俣線として今もある)。近くに来たのでもう一度行ってみようと時刻表をめくっているうちにこの路線を見つけたのですが,なかなか興味深い路線です。

201095.jpg
道の駅「いいたてむら までい館」で

 この福島~原ノ町間は地場の老舗の福島交通も路線を持っており,こちらは福島駅では表口の東口発,途中,川俣町内を含む各停留所に停車し,1:52をかけて走ります。一方,東北アクセス便はほぼ同じルートで「までい館」でのトイレ休憩も含めて1:45で走り切ります。そして面白いのが運賃で,両社とも福島駅~原ノ町駅間を1,100円に設定しています。ところが,一般の路線バスでは福島駅~川俣営業所でも1,350円かかります。福島市内の医大病院~川俣営業所は都市間バス運賃との整合を図るため710円,福島駅から乗った場合は川俣町内では下車できないなどの制限があります。地方のバスは整理券式でどんどん運賃が上がって高いもの,中長距離の高速バスは安いものというのは少しでもバス好きなら常識ですが,1つの路線で両方の性質を持つ福島~南相馬線はバス運賃の矛盾を体現しているようです。福島駅の乗り場も,よく言えば中間の停留所へのお客さんの誤乗を防ぐためともいえますが,体よく鬱陶しい東北アクセスを排除しているように思えてなりません。客の立場では鈍行便と特急便で時間は7分しか変わらず,同じ停留所から乗れたほうが都合よいと思います。下は関連の区間の運賃ですが見れば見るほど謎は多く,いいたてまでい館が絡む運賃は福島交通と東北アクセスで倍半分になっています。場所が場所だけに復興支援の意味もあり,これには陸運局も頭を痛めたのではないでしょうか。

201096.jpg

 制度研究趣味には誠に楽しいバスですが,乗っている限りはふつうの都市間バスです。この東北アクセス便は座席にPRESIDENTと大書きされた,零細な観光バス会社のような車内の三菱エアロです。もうひとつの東北アクセスのバスの特徴はレジ(登録番号)で,この車は3333です。福島の市内を抜ければ緑豊かな丘陵地が続きますが,田畑は少なく,ときどき見かける黒いビニール袋は除染作業で発生した廃棄物のようで,復興は道半ばであることを知らされます。

201065.jpg
原ノ町駅と駅前の黒潮海苔店

 南相馬市内に入ると東北アクセスの本社の南相馬バスターミナル,市役所などに寄りながら,ほぼ時刻表どおり原ノ町駅に着きます。原町は地名は「はらまち」ですが,駅の名前は「原ノ町」,平成の大合併で市の名前は南相馬市でややこしいです。原ノ町は一昨年の春にも来ていますが,駅前のホテルが改築され,また一歩復興が進んだ感じがします。道路の向かいには黒潮海苔店という海産物屋とファミマが並んでいるので,家への土産と午後のおやつ,ビールと肴などを調達します。

201097.jpg
整然と並んだスタンプ台とご意見箱

 改札を入りスタンプを押しますが,このスタンプ台は「わたしの旅スタンプ台」ですが,とてもきれいです。最近でも丸亀,加茂など,まだあったんだ...と思うことがありますが,原ノ町のものはスタンプ自体も含めて手入れが行き届いているようです。原ノ町では,40年くらい前,東北周遊券1枚を握っての旅,十和田5号に乗ったり,十和田6号から降りたりで,跨線橋だけはよくお世話になりました。跨線橋は建て替わってはいないようですが,上部を開放して意匠が変わり,随分明るくなったようです。ここからは常磐線をひたすら上る帰宅の旅で,原ノ町からは16:27のいわきゆき682Mに乗ります。通常だと下校の高校生で混み合う時間ですが,コロナ禍の夏休み期間で車内は空いています。ボックスを占拠するのは気が引けたので,車端の3人掛席に斜めに座ってビール片手に海の車窓を楽しみます。

201098.jpg
常磐線682M @原ノ町

 16:46,浪江着,ここからはこの3月に復旧開業した区間ですが,既に3月に一度乗っています。この界隈の駅舎は,幹線上の小駅の典型で,どこもよい風情の駅が続きます。その記憶があったので,駅舎の写真を撮ろうと思いますが,反対ゆき列車でカブったりでなかなかうまく撮れません。駅舎ではありませんがレンガ積燃油庫も健在で,久ノ浜と草野で写真が撮れました。

201099.jpg
常磐線久ノ浜と草野のレンガ積燃油庫

 17:45,いわき着,ここでは10分の接続で水戸ゆきに乗換えです。水戸ゆきの578MはE501系の5両編成,先ほどのE531系と比べると,何か安作りのようで見劣りがします。いわきも大きな市だし,その先も磯原(北茨城市),高萩,日立と市が連なり,工場からの通勤時間帯なので立っている人も増えてきます。日立多賀では品川行きの「ひたち26号」を先に通し,6分止まります。7時の声を聞き陽もおちて,やることがなくなってきます。

201066.jpg
常磐線578M(右) @いわき

 ここも約1時間半の乗車で19:27,勝田着。列車は水戸ゆきですが,次の列車が勝田始発なのでここで列車を捨て,6分後の上野ゆき462Mに乗継ぎます。462MはE531系10両編成,夜の上り列車には空席も目立ちます。原ノ町で買った肴でまたまたビールで一杯です。

201067.jpg
常磐線462M @勝田

 石岡では今日の常磐線で2回目の特急退避,「ときわ88号」を待って7分止まります。ビールを求めて改札を出ると,徳富蘇峰が揮毫したという「石岡駅」が迎えてくれ,何か得した気になります。これだから乗ったで降りたではやめられません。土浦では増結のため6分の停車と意外とちんたら走ります。最後に松戸でも「ひたち28号」に道を譲り,上野には21:43の到着です。

201068.jpg
石岡駅改札上の駅名標

 上野からの上野東京ライン,京浜東北線は若干遅れているようです。横浜からの根岸線は時刻はほぼ予定どおりですが,列車は何本か前の2163Cです。約15分の乗車で,22:44磯子着,今日も無事の帰着に感謝です。

201069.jpg
今日の行程

 カメラを新調したこともあり今回は撮影重視の1泊2日の小旅行でした。僕にとっては全体で「鉄道趣味」であって,最近はやりの撮り鉄とか乗り鉄のような細かなジャンル分けは好きではありませんが,撮り鉄の楽しさに目覚めた2日間でした。今シーズンの青春18きっぷはあと1日分残っています。さあどこに行こうか。(2020.10.22記)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurikomasha.blog.fc2.com/tb.php/272-ca85bc4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

総合目次 (1)
旅行 (1)
|-鉄道旅行一般 (25)
|-青春18きっぷ (29)
|-140円旅行 (16)
|-家族旅行 (18)
のりものイベント (11)
鉄道のイロハ (4)
知って楽しいJRの旅客営業制度 (13)
運賃料金制度 (15)
鉄道写真 (18)
鉄道/運転 (9)
車両形式別記事など (2)
20世紀の鉄道写真 (19)
バス (6)
エアライン (2)
船舶海洋 (3)
HOゲージ (4)
Nゲージ (7)
Bトレ目次 (1)
Bトレインショーティー (31)
Bトレインショーティーの組立て方 (4)
その他のりもの (17)
Weblog (4)
東海道徒歩き(かちあるき) (14)
サイトポリシー (1)
English article (1)
未分類 (0)
1990年代の欧州鉄道旅行 (0)

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

リンク

主宰者からのお願い:
鉄道.comのランキングに参加しています。よろしかったら,下のバナーのクリックをお願いいたします。

tetsudoucom.jpg

QRコード

QR