FC2ブログ

2021-05

机上旅行--日高本線と五能線のキハ40

150723.jpg

 時刻表の愛読者は「時刻表」でいろいろな線区の時刻表を眺めるだけで旅行気分に浸ることができ,これを机上旅行と言ったりします。僕も時刻表は3度の飯より好きですが,机上旅行はあまりしません。時刻表を眺めているうちに旅行に行きたくなり,本当に必要なものは実際に出かけるからです。必要なお金も時間も何とか工面できるだけ,ありがたいことだと思います。ところが昨今のコロナ禍では旅行に出かけることができません。そこで今日は最近,計画した北海道旅行の机上旅行をご披露します。

200159.jpg
日高本線の急行「えりも」 @浜厚真 1980.3.13

 今回計画したのは,この(2021年)3月末で廃止になる日高本線のお名残り乗車旅行です。日高本線鵡川~様似間は昨年10月末に2021年11月1日付で鉄道事業の廃止の届け出がされました。この際に4月1日付へ廃止繰上げのオプションがついていましたが,繰上げが認められ,今年1月5日に正式に4月1日に廃止する届け出がされました。この旅行の行程を計画するうち,秋田地区に残っていたキハ40もGV-E400系の投入により,3月のダイヤ改正で廃止のニュースも耳に入りました。日高本線は廃止といっても災害による不通区間の発生でバス代行中,キハ40のほうも鈍重で低加速でお世辞にも好きな形式ではないのですが,なくなると聞けばもう一度乗っておきたいと思います。僕も完全に葬式鉄といわれる人種のようです。

210151.jpg
登場から間もないころの五能線のキハ40 @大間越~岩館,陸奥岩崎 1979.3.20ごろ

 旅行の最初の計画はお正月休みです。今年の正月はカレンダーの並びがよく,僕の勤める会社は10連休です。12月27日(日)までに出れば,年内に帰ってこれて,お正月は家で家族と迎えることができます。青春18きっぷで北海道まで行くのは正直しんどいですが,他によい手段もありません。青春18きっぷで2日がかりで帯広まで行く行程がこれです。

210160.jpg
横浜~帯広1/2。八戸まで

200119.jpg
盛岡~八戸間バス八盛号。岩手県北バス便 2019.12.28

 実は一昨年の年末にも札沼線新十津川に行くためにこれとほぼ同じ行程を旅行しています。そのときの記事はこちらを参照ください。このときは八戸~苫小牧航路で夜行便を使っていますが,船旅を楽しみたいので,今回は八戸泊まりで計画しました。東横インのGO TOトラベル料金が2,903円とキョーレツに安かったのもこの行程にした理由です。また,盛岡~八戸間の高速バスを使うのもこの行程のポイントです。単調になりがちな青春18きっぷの旅,並行在来線の第3セクターに高い運賃を払うよりは楽しそうです。ただし年末の雪道,事故に遭うおそれもありますが,そのリスクは受容です。一昨年末は実際,東北縦貫道で車がぶつかっていました。

210161.jpg
横浜~帯広2/2。八戸~帯広

 八戸~苫小牧間でたっぷり昼間の船旅を楽しんだ後は,翌日のスタートになる帯広までの移動です。新夕張~新得間はその区間内の乗車に限り青春18きっぷで乗れますが,初めてその特例を活用します。また,苫小牧から室蘭本線の下り列車があり,追分での接続もよく,「おおぞら9号」の前に新夕張に着くことができます。

210152.jpg
八戸~苫小牧は船旅を楽しむ。対向の商船三井フェリーから 2017.7.31

 新得~帯広間はそのまま「おおぞら」で行きたいところですが,まずまずの接続で普通列車があるので,節約のためこちらにします。

210153.jpg
とんがり屋根が瀟洒な新得駅。列車は当時の日本最長鈍行2429D 2015.5.3

 旅行の目的は日高本線ですが,代行バスで往復するのもパッとしません。少々お金がかかりますが,ここは帯広からぐるりと襟裳岬を回るコースに迷いはありません。

210162.jpg
襟裳岬縦貫ルートの3日目

 帯広~広尾間は愛国や幸福を通る国鉄広尾線の転換バスです。広尾~様似間はJRバス日勝本線ですが,久しぶりに時刻を眺めたら随分,便数が減ってびっくりしました。今のダイヤでは平日3便,土休日2便ですが,昔は10便とは言わないまでも6,7便あったと記憶します。少なくも,1便おとして写真を撮ろうと思う程度には走っていました。

210154.jpg
JRバス日勝本線 1988.7(左),1984.3(右)(国鉄バス時代)

 様似からは旅行のメインイベントの日高本線の代行バスです。一昨年の年末にも清畠までは来ている(そのときの記事はこちら)ので,今回は様似~清畠間は目を皿にしていたいと思います。また,ここの代行バスはJR北海道バス以外の地元の貸切バスへの委託便もあるようで,どんなバスが来るか楽しみです。この日の晩は新日本海フェリーに泊まるつもりです。新日本海フェリーの苫小牧は苫小牧東港という埠頭で,地図で見ると浜厚真駅から近いようです。Google mapで調べると,1.6km20分弱と出ますが,冬の北海道,暗いし足元も悪そうで,タクシーがいたら利用したくなります。苫小牧からフェリーに乗れば,翌朝には秋田に着きます。鵡川からの列車に苫小牧まで乗った場合,最終の新青森ゆき「はやて100号」に接続し,弘前(0:23着)までたどり着くことができますが,特急券代がもったいないので夜行の海路を選択しました。

210163.jpg
旅行4日目は五能線の鈍行を楽しむ

 秋田から奥羽本線を小1時間下れば東能代~弘前間153.5kmを4時間25分かけて走る長距離鈍行に接続します。ところが11/26にJR東日本秋田支社からリリースされた情報ではこの列車は12/12からGV-E400系が先行投入されるそうで,キハ40のお名残り乗車にはなりません。真新しい気動車で五能線の日本海を楽しむか,時間は窮屈になりますが,別の列車にするか微妙です。

160576.jpg
五能線の車窓 2016.3.21

 15:24に弘前に着けば,あとはつらい青春18きっぷで帰宅の旅です。青森・秋田県境の陣馬越えの列車がなく,恐ろしく接続が悪いですがその日は湯沢まで上ることができます。

210164.jpg
旅行5日目湯沢から帰宅の旅

 旅行5日目は湯沢から鈍行乗継ぎで横浜の自宅へ帰宅の旅です。湯沢から横浜ぐらいは鈍行でも何でもない距離で,多少の寄り道をしながら南下の行程です。そういえば大曲~新庄の狭軌のまま取り残された奥羽本線,雄勝峠の区間に乗るのは随分久しぶりです。

1704A5.jpg
奥羽本線雄勝峠越えの客車鈍行 @三関 1980.6

 奥羽本線といえば米沢~福島の板谷峠が好きなのですが,去年の夏にかじっているので,今回は仙山線に行ってみることにします。仙山線は奥羽山脈南部をトンネルで貫いて宮城・山形の県都を結ぶ線ですが,山間で地名が少ないのか,線路名称も列車の愛称もトンネルの名前も「仙山」です。高速バスに対抗して,いっときは途中ノンストップの「仙山」もありましたが,やり過ぎ感があったのか,今は主要駅停車になりました。仙台からは大人しく東北本線を上る行程ですが,宇都宮で2時間弱がとってあるのは餃子でも食べるかという時間です。

210155.jpg
特別快速「仙山」 @山形 1991.7

 記事は青春18きっぷを利用の前提で書きましたが,JR東日本には北海道&東日本パス11,330円という商品もあります。この商品は鈍行しか乗れないのと利用できる期間は青春18きっぷと同じですが,有効期間が「連続する7日間」です。また,北海道新幹線のオプション券がありますが,北海道新幹線のほかJR北海道の特急列車も1日間利用可能です。上に書いたうちの浜厚真から弘前へ陸路で抜ける行程の場合はこのきっぷを使った方が便利なようです

210158.jpg
北海道,東日本パスのちらし(拡大はこちら

 正月休み用にたてた計画は新型コロナの感染拡大で外出のお許しが出ず,お蔵入りになりました。懲りない僕は,次なる案として「大人の休日倶楽部パス(以下,おと9パス)」利用の行程を計画しました。出かけるのは1月21日(木)~24日(日)の4日間です。おと9パスは50歳以上が入会条件の会員限定で,JR東日本およびJR北海道のエリアを新幹線・特急も含めて乗り放題というお得なきっぷです。東日本と北海道の両エリアが有効なパスは26,620円で5日間有効です。ただし,利用期間が超が付くような閑散期に限られているのが難点です。僕もこのパスが使いたくて,50歳になったら日をおかずに大人休日倶楽部の会員になりましたが,残念ながらまだ1度も使ったことがありません。

210159.jpg
大人の休日倶楽部パスのちらし(拡大はこちら

 さて,おと9パスは新幹線,特急が使えますが,この効果は絶大で磯子~帯広が余裕で日着できます。自分でもこれは乗り飽きるだろうと思いますが,これはこれで惚れ惚れする行程です。

210165.jpg
おと9パス利用,横浜~帯広日着の行程

 旅行のポイントとなる2日目は,上の青春18きっぷ利用と同じなので省略します。3日目は新日本海フェリーの船旅を新潟まで楽しむことにします。新潟上陸後は,翌日の五能線に備えて秋田まで下っておけばよいのですが,この行程が驚きです。新潟~秋田は「いなほ」で約3時間半なので,15:30に新潟港に着けば余裕と思いましたが,なかなか思うような行程が組めません。酒田までは17:15の「いなほ9号」があり,そこそこの時間に着きますが,その先の列車が2時間以上なく,新潟を1時間40分後に出る「いなほ11号」でも同じです。

210166.jpg
おと9パス利用,新潟~秋田の行程

 新潟港から駅の新幹線ホームまで39分で移動する必要がありますが,16:09の速達の「Maxとき332号」に乗れれば大宮乗換えで,羽越本線経由より2時間も早く秋田に着くことができます。これなどは机上旅行ゆえの行程のような気もしますが,おと9パスなら値段を気にすることはないので,実際やってみたくなります。

210167.jpg
おと9パス利用,秋田から五能線に乗って,横浜に帰る行程

 翌朝は6:15発と少々早い出発です。東能代には7:11に着き,7:23の弘前ゆきに間に合います。この列車は東能代~弘前間を4時間32分かけて走る長距離鈍行で,僕独自の長距離鈍行の集計でも全国19位(興味があればこちらもどうぞ)です。今のところはこの列車にGV-E400系が充当されるという話は聞いていないので,キハ40の旅も楽しめそうです。
※ 実際にキハ40乗車を目的に旅行するときは,いつから新車を使い始めるか分からないので,ご自身でよく確認ください。

210156.jpg
ありし日の五能線のキハ40 @鯵ヶ沢 1984.3.6頃

 弘前からはその日のうちに帰ればよく,新幹線が使えるのでどうということのない行程です。せっかくなので花輪線で盛岡に出る行程にします。花輪線は今はキハ110で運転されますが,勾配線区に重点投入されたJR第1世代の気動車で,そろそろ更新の話も出てきそうです。

210157.jpg
ありし日の花輪線風景 @十和田南? 1984.3.7頃

 コロナ禍のほうは2度目の緊急事態宣言も発出され,1月下旬実行のつもりで計画したこの旅行もお蔵入りです。JR東日本のアナウンスによれば,3月4日~16日にもう1度おと9パスの期間を臨時に設定するそうです。この時までには緊急事態宣言も終息し,多少の移動や旅行ができるようになっていることを切に希望します。会社では年度末ですが,旅行ができるようになっていれば今度こそ実現したいものです。それまではとにかく人との接触を減らし,忍の1字です。(2021.1.21記)

 さて3月の大人の休日倶楽部パスの追加発売期間ですが,懲りずに再度の計画をしてみました。3月11日(木)の夕方発,14日(日)帰着の4日間コースです。会社を早めにあがり,夕方の「こまち」で下って,12日(金)にキハ40最終日の朝7:23の長距離鈍行弘前ゆきに乗車,その後は急いで帯広へ。翌日は襟裳岬を回って日高本線で帰途に就き,最終日は多少時間があるので,仙台から在来線特急の「ひたち」を楽しむ行程です。

210307.jpg
最後に計画した3泊4日コース

 今回はきっぷやホテルまで手配したのですが,今般の関東1都3県の緊急事態宣言延長で,あえなく撃沈です。ここまで来るともう楽しい机上旅行ではなく,ただの計画倒れです。実は僕は2月11日が誕生日で,3月11日からのパスは自分への誕生日プレゼントでもあったのですが。駅に払戻しに行ったら,この場合は払戻し手数料は免除とのこと,せめてもの慰めでした。

210306.jpg
用意したきっぷ

 3月12日にアップしたライフワークの長距離/長時間鈍行列車のランキング(記事はこちら)によれば,今回の改正で山陰本線に4時間半超の長距離鈍行が誕生しました。ここと限らずJR東日本以外の各社ではまだまだキハ40は健在なので,お名残乗車で混雑する前に乗りに行かなくてはです。(2021.3.12追記)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurikomasha.blog.fc2.com/tb.php/278-ec03b133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

総合目次 (1)
旅行 (1)
|-鉄道旅行一般 (25)
|-青春18きっぷ (29)
|-140円旅行 (16)
|-家族旅行 (18)
のりものイベント (11)
鉄道のイロハ (4)
知って楽しいJRの旅客営業制度 (13)
運賃料金制度 (15)
鉄道写真 (18)
鉄道/運転 (9)
車両形式別記事など (2)
20世紀の鉄道写真 (19)
バス (6)
エアライン (2)
船舶海洋 (3)
HOゲージ (4)
Nゲージ (7)
Bトレ目次 (1)
Bトレインショーティー (31)
Bトレインショーティーの組立て方 (4)
その他のりもの (17)
Weblog (4)
東海道徒歩き(かちあるき) (14)
サイトポリシー (1)
English article (1)
未分類 (0)
1990年代の欧州鉄道旅行 (0)

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

リンク

主宰者からのお願い:
鉄道.comのランキングに参加しています。よろしかったら,下のバナーのクリックをお願いいたします。

tetsudoucom.jpg

QRコード

QR