fc2ブログ

2022-09

Weblog 2021年6月13日--夏を前にスーパーレールカーゴとチョンボな半日の140円旅行

210901.jpg

 今日は夏を前に6月に出掛けた軽い撮影行と140円旅行のショートトリップをご報告します。元々はスーパーレールカーゴの写真が目的でしたが,出かけたついでにちょっと列車に乗りたくなり,計画性ゼロで140旅行に出掛けたため,とんだチョンボな旅行になってしまいました。なお,僕は大都市近郊区間の大回り特例(旅客営業規則157条の2)を使った旅行を値段に拘らず140円旅行と呼んでいます。サルも木から落ちるみたいな話ですが,お付き合いください。

210902.jpg
当日周辺の日の出・日の入りカレンダー keisan.casio.jp(カシオ)から

 一昨年もこのブログで採り上げましたが,JR貨物にスーパーレールカーゴ(SRC)という列車があります。東京(東京貨物ターミナル)~大阪(安治川口)間の列車ですが,M250系という準動力集中方式の電車のような車両で日本で唯一130km/h運転をする貨物列車です。東阪間を6時間11分で結ぶのは在来線最速で,新幹線開業前のビジネス特急「こだま」でも6時間30分運転でした。久しぶりにこのSRCの写真を撮りに行きたくなりました。コロナ禍は相変わらずで,密は避けなければなりませんが,週末の早朝でリスクはかなり低いと思います。

210903.jpg
50レ,スーパーレールカーゴ @古市場踏切 2021.6.13(以下,全て同じ)

 出掛けたのは(2021年)6月13日,日曜日です。SRCは東京到着時刻が早いので,日の出が早い夏の時期でないと写真が撮れません。いつものカシオのサイトで調べると,6月13日はたまたま今年1番,日の出が早い日です。いよいよやる気も出てきます。当日は自宅最寄りの磯子駅を4:20の始発列車で出発です。この4:20発というのは僕が調べた限りでは日本で2番目の早起き列車,ちなみに1番は4:18桜木町発の京浜東北線北行列車,です。前回の2019年は鶴見で駅撮りでしたが,今回は少し東京寄りの古市場踏切へ足を延ばします。ふつうなら歩く距離ですが,せっかく早起きしたのにSRCを空振りしたのでは悲しいので,奮発してタクシーを使います。踏切に着けば先客がお一人,挨拶をして一緒に撮らせてもらいます。列車はほぼ時刻表どおり5:12頃やってきて,まずまずの写真が撮れ満足です。

210905.jpg
古市場踏切と3Dレーザーレーダー障害検知器。この踏切は大きいので2基を装備

 ところでこの古市場踏切ですが,京急の鶴見市場駅にも程近く,路線バスも通る踏切です。最近,拡幅工事が竣工し,踏切障害検知器もレーザーレーダー式に更新されました。以前は踏切障検の受光器が邪魔だったのですが,それがなくなり列車がすっきり撮れるようになりました。尤も,この少し鶴見寄りで線路がカーブしているため,SRCや2600tのような長大貨物列車の尻尾までは入りません。

210904.jpg
東海道線2064レ。今日のとびらの写真は54レ

 くだんの先客はSRCを撮ると引き揚げてしまいましたが,僕はせっかくの来訪なのであと数本の貨物列車を粘ります。5:12のSRCの後は,5:26に52レ,5:41に2064レと2本の上り貨物列車があります。写材としては申し分ないのですが,陽射しのほうは梅雨空で弱いです。この後は30分ぐらい貨物列車が途切れるので,今日の鉄ちゃんはここまでとし,鶴見駅へ歩いて引き揚げます。

210906.jpg
今日の140円旅行のルート

 コロナ禍のなかの外出,せっかく家を出たのでもう少し羽を伸ばしたくなります。軽く140円旅行で小山から両毛線でも乗って,八高線まで欲を張ると列車がないので,高崎からは大人しく帰るルートを計画します。鶴見からであれば今日の帰りのきっぷで大回りしてもよいのですが,せっかくなので140円旅行の周回ルートのきっぷを作ってもらうことにします。鶴見から川崎に上り,武蔵小杉に出て,新川崎経由で戻る18.8kmのルートであれば310円です。夢を膨らませながら駅に向かいますが,残念なことに,駅の発券窓口は営業開始前です。仕方なく,自動販売機で310円のペラ券を買って入場します。

210907.jpg
3620E。列車番号3000番台,東北線区間快速ラビットの今朝1番列車だ @川崎

 川崎からは東海道線に乗換えますが,来た列車は宇都宮ゆきの3620E,東北線快速ラビットの1番列車です。この列車に乗れば,小山の両毛線の接続もよく9:50に高崎に着くことができます。八高線は9:49,なんと1分前に出たばかりで,2時間以上高崎で待つのはかったるいので,高崎線で戻るルートにします。上野を出れば列車は快速,久々の旅行気分に浸ります。だがしかし...(大学時代の法学の教授の決めゼリフです),なにかおかしい気がします。八高線を端折ったので,高崎からまっすぐ大宮に出て早く帰れるのはよいですが,大宮~鶴見間が復乗になってしまいます。これでは140円旅行は成立しないので,急遽,予定を変えてせっかくのラビットを大宮で降ります。

210908.jpg
大宮駅構内の郵便ポスト。鉄道の街らしい意匠だ。大宮工場謹製・かえるポスト

 大宮からは川越線で高麗川に出て,拝島,立川を回れば,武蔵小杉に戻れます。川越線は去年の11月にも開通80周年のキャンペーンで来ているので,今一つ新鮮味がないのですが,140円旅行のルート計画のチョンボのリカバリには仕方ありません。元々の両毛線を巡る旅行より一回り規模が小さくなり時間の余裕はあるので,少し大宮駅で駅撮り鉄ちゃんを楽しみます。

210909.jpg
高崎線~湘南新宿ライン2825Y。前橋~小田原間208.3km運転の長距離鈍行

 列車が順光になるホーム北側端に行くと,高崎線はボツボツですが,東北線はなかなか上手く撮れる場所がありません。また,狙いはEH510・金太郎牽引の貨物列車ですが,時間的に上り列車のピークで,この時間帯に貨物列車の設定はありません。それでも幾本か撮っているうちに2825Yが来ます。この列車は前橋を5:35に出た湘南新宿ラインの小田原ゆきで,僕独自の集計ではベスト10に入る長距離鈍行列車です。

210910.jpg
数少なくなった東武野田線の8000系。84113Fは末期1982年の増備車

 また,この場所からは東武野田線のホームも見え,さすがに数の減ってきた8000系電車がやってきます。僕が学生の頃,100本目(厳密には欠番が幾つもある)の編成が落成し,どう付番するのだろうと楽しみにしていたら,81101と強引な付番でした。そんなことを思い出させる84113Fを,少々,望遠がきつめですが撮ります。

210911.jpg
地下ホームからの川越線はりんかい線70系使用の785F

 そんなこんなで1時間以上を大宮駅のホームで過ごします。大宮は鉄道の要衝でエキナカが充実していますが,ラビットのなかで朝ごパンを食べてしまったのでお腹は空いていません。構内の「かえるポスト」を見たりしながら,川越線の地下ホームにまわります。りんかい線の70系使用の785Fに乗れば24分で川越に着きます。

210912.jpg
指扇~南古谷では長い鉄橋で荒川を渡る

 川越からは,川越線~八高線の短い4両編成に乗換え,拝島を目指します。あいにく川越8:55の961Hは高麗川ゆき,高麗川では32分も待って,後続の967H,10:02の八王子ゆきに乗ります。高麗川から拝島の区間は路線図で見ると東京近郊区間の西のはずれですが,荒川・入間川水系と多摩川水系の分水もあり,景色は見どころもあります。

210913.jpg
東飯能~金子間で入間川を渡る

 東飯能~金子間で入間川を渡れば,川伝いに遠くに秩父の山並みが望めます。が,今日はあいにくのお天気で,秩父の山々は雲の中です。この先の金子までは林間コースで,気動車時代は苦労したのでしょうが,E231系電車ではすいすい登ってゆきます。

210914.jpg
上り(八王子ゆき)列車で金子の先がサミット

 金子の先で分水を越えると線路は多摩川水系に入り,狭山茶の茶畑のなかを走ります。箱根ヶ崎の先から米軍横田基地の滑走路の端をかすめて走り,東福生の先では米軍施設の住宅のなかを走ります。一連の基地の風景が終わると,列車は拝島に着きます。拝島からは青梅線に乗換え,ショートカットルートで立川に出ます。時刻は11:00前ですが,お腹もすいてきたので御嶽そばで軽い昼ごはんにします。

210915.jpg
箱根ヶ崎~東福生間では横田基地がちらりと見える

 立川からは武蔵小杉まで南武線で上りますが,南武線は駅も多く時間がかかるので,2011年に運転開始の快速列車を使います。僕は2010年度の1年間だけ横浜から昭島まで通いましたが,南武線の遅さはつらく,たいした違いはなくても快速と聞くだけでこちらを使いたくなります。10:55の4006Fに乗れば32分で武蔵小杉に着き,11:37の4523Yに乗れば11:49横浜着です。

210916.jpg
南武線は快速利用。4006F @立川

 武蔵小杉駅の横須賀線ホームですが,元々駅などなかったところに無理やりホームを作ったので,カーブがきつく,見通しも悪いです。一方,このホームと駅ができたおかげで東京駅と直結19分の便利な立地になり,武蔵小杉は大きく発展しました。ホームの混雑は激しいそうで,1面2線の島式ホームから2面2線の銀座線新橋方式に拡張の工事が始まりました。

210917.jpg
武蔵小杉の発展は著しい。ホーム増設の工事が進む。列車は4528Y

 武蔵小杉からの湘南新宿ラインに乗っている間に今日の140円旅行は終わり,鶴見からの帰り道になります。横浜から根岸線に乗換えれば,14分で今日のスタートの磯子駅へ帰着です。ところで今日の140円旅行のきっぷですが鶴見発鶴見ゆきの周回きっぷ,よく考えるともっと安いルートがあることに気づきます。鶴見から鶴見線で浜川崎に出て,南武支線で尻手へ,川崎経由で鶴見に戻る8の字ルートの営業キロは15.0kmピッタリで220円です。今日は寝ぼけ眼(まなこ)で考えた行程,ルートばかりかきっぷまで計算違いをしてしまいました。

210918.jpg
鶴見発鶴見ゆきの周回ルート。時刻表2021年5月号(JTBパブリッシング刊)から調製

 今日はルートときっぷの2つもチョンボをしてしまいましたが,5月の連休以来のちょっとした遠出で日曜日を楽しむことができました。次の旅行は夏休みまでお預けですが,気分もリフレッシュでうっとうしい梅雨を乗切れそうです。(2021.9.26記)

関連記事:
2019年にSRCの写真を撮りに行ったときの記事
長距離鈍行列車・長時間鈍行列車リスト2021年ダイヤ
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kurikomasha.blog.fc2.com/tb.php/306-a2b529af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

カテゴリ

総合目次 (1)
旅行 (1)
|-鉄道旅行一般 (31)
|-青春18きっぷ (33)
|-140円旅行 (21)
|-家族旅行 (19)
のりものイベント (12)
鉄道のイロハ (5)
知って楽しいJRの旅客営業制度 (13)
運賃料金制度 (15)
鉄道写真 (21)
鉄道/運転 (10)
車両形式別記事など (2)
20世紀の鉄道写真 (26)
1990年代の欧州鉄道旅行 (6)
バス (9)
エアライン (6)
船舶海洋 (4)
HOゲージ (5)
Nゲージ (7)
Bトレ目次 (1)
Bトレインショーティー (31)
Bトレインショーティーの組立て方 (4)
その他のりもの (19)
Weblog (6)
東海道徒歩き(かちあるき) (15)
サイトポリシー (1)
English article (1)
未分類 (0)

最新記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

リンク

主宰者からのお願い:
鉄道.comのランキングに参加しています。よろしかったら,下のバナーのクリックをお願いいたします。

tetsudoucom.jpg

QRコード

QR